ヤクルトは虫歯の原因になるの?対策は?

お子様から大人まで大人気のヤクルト。

とってもおいしくおやつにもぴったりで腸内環境を整えてくれるヤクルトですが、このヤクルトが虫歯の原因になると言われているようです。

本当にヤクルトが虫歯の原因になるというなら大変ですよね。

ヤクルトが虫歯の原因になると言われている原因と対策をご紹介します。

《虫歯の原因とは》

虫歯の原因は様々ですが主な原因は

1)ミュータンス菌の量

虫歯の原因菌であるミュータンス菌。

ミュータンス菌という虫歯の原因菌により虫歯になってしまいます。

ミュータンス菌が口内にどれだけいるかで、できやすさが変わります。

2)糖分の取りすぎ

虫歯の原因菌であるミュータンス菌の栄養源は砂糖。

糖分をとりすぎると虫歯になりやすくなります。

3)ケア不足

磨き残しがあるともちろん虫歯の原因になります。

《なぜヤクルトが虫歯の原因になるといわれてるの?》

虫歯菌が口の中にいる状態で糖分を含んだ飲み物を飲むと、それを栄養としている虫歯菌が歯にべったりとくっつき、虫歯菌の作り出した酸で歯を溶かすことで虫歯になります。

どうやらヤクルトにはいっているシロタ株が虫歯菌だと思っている人がいるようで…。

ヤクルトに入っているシロタ株が直接虫歯の原因となるというわけではありません。

しかし…
ヤクルトの原材料には生きた乳酸菌を生きたまま保存するために乳酸菌のエサになる糖分が大量に含まれています。

通常のヤクルトで角砂糖2個分(約7.2g)。

もしも口内に虫歯菌であるミュータンス菌がいる状態で、ヤクルトをたくさん飲みすぎると、ミュータンス菌がヤクルトの糖分を栄養として増殖し虫歯になってしまいます。

ではどうすれば虫歯予防ができるのでしょう?

《虫歯予防方法は?》

ヤクルトを飲みたいけど虫歯になるのはイヤ!!

それではヤクルトを飲んでも虫歯にならずに済む方法をご紹介します。

ヤクルトを飲んだ後はうがいや歯磨きをして、口の中の糖分をしっかり洗い流しましょう。

夜に寝ている間は虫歯菌であるミュータンス菌を殺菌する役割をもつといわれている唾液の量が少なくなります。

なので夜は虫歯ができやすい時間帯なので、飲むのは避けましょう。

また歯磨きには『ブリアン』という歯磨き粉を使うのがおすすめです!

《『ブリアン』がおすすめな理由》

『ブリアン』は子ども向けに作られた優秀な歯磨き粉でヤクルトを飲む人にはおすすめの歯磨き粉です。

子ども達にも安心してつかえるのはもちろん、大人の方にも使えます。

①安心の無添加

②安心の国内製造

③世界初で通販限定

『ブリアン』には虫歯予防成分である『BLIS M18』という成分が含まれています。

この虫歯予防成分である『BLIS M18』という成分は、ニュージーランドで虫歯になりにくい子どもたちを研究して発見した、虫歯の原因菌であるミュースタンス菌を減らし、虫歯を予防してくれます成分で他の歯磨き粉とは全然違うんです。

この新成分『BLIS M18』を採用したのは『ブリアン』が世界で初めて!

虫歯菌の栄養となり増殖させる原因になる歯垢も取り除いてくれる効果もあり、500nm以下の非常に細かな粒子なので、しっかり歯と歯の間の隙間や奥歯の奥の方などの、磨き残しがちなところにまでしっかり届き虫歯を予防してくれます。

個包装になっていて、1包で2〜3回で1日分です。

味も子ども達が大好きなイチゴ味!

おやつにヤクルトを飲んでいる子ども達には『ブリアン』を使用することをおすすめします。

もちろん子ども達に限らず大人もヤクルトを常飲している人は『ブリアン』で歯磨きするようにしましょう。

us