大人用ブリアンを使わなくなるとどうなるの? 使い方のコツは?

大人用ブリアンは、虫歯予防だけでなく歯周病予防や口臭予防にも良いと口コミでも人気です。

どの歯磨きの場合もそうですが、持続して使うのが歯の健康には大事です。

なので大人用ブリアンも使わなくなると、しばらくは良いのですが、その後は、やはり使う前の状態に戻ってしまいます。

つまり口内フローラで善玉菌が減ると考えられます。

あなたは口内フローラを考えたことはありますか。

口の中の細菌のバランスが正常であれば、虫歯や口臭などのトラブルをあまり気にすることはないと思います。

しかし食生活や口内ケアが原因で善玉菌が減ると、歯茎の衰えや歯垢が付きやすくなるなど悩みが増えてしまいます。

そこで大人の口内ケアとして登場した大人用の歯磨き粉である”大人用ブリアン”を使うことで口内フローラが改善されるわけです。

善玉菌を配合している特別な歯磨き粉なので、とってもおすすめなんですよ。

−大人用ブリアンの効果−

口臭や歯垢など口の状態は、人と話すときにとっても気を使いますよね。

この大人用ブリアンは虫歯を防ぐBLIS M18と口臭などを予防するK12の両方を配合しています。

これは口内乳酸菌といわれる菌で、乱れてしまった口内フローラを改善していきます。

生きたままの菌を歯磨き粉に使うのは世界初の試みだそうです。

仕事が忙しくてなかなか歯医者にいけない方にとって、虫歯や歯垢の予防ができるのは嬉しいですよね。

またこの大人用ブリアンはマウスウォッシュとして濯ぐだけでも効果があるので、休憩時間や食事のあとのケアとして使いたいですね。

持ち運びに便利な個包になっているのでポーチに入れて携帯もできます。

−大人用ブリアンの使い方−

それではこの口内ケアに最適なブリアンの使い方をみていきましょう。

この歯磨き粉は個包されているので、使うときは手のひらや小皿などに中身を出します。

貴重な細菌が入っているので飛び散らないように丁寧に行ってくださいね。

それから粉が付きやすいように歯ブラシを少し濡らしておきます。

水分を多く含ませてしまうと粉をつけるときに流れ落ちてしまうので、余分な水分は払うようにしてください。

そしてブリアンを毛先につけて、いつもより丁寧に歯磨きをしましょう。

歯垢が残りやすい歯と歯の隙間や、奥歯、歯の裏側など丁寧に磨きます。

全体に行き渡るようにブリアンを足してくださいね。

磨き終わったら水で軽く濯ぐか、磨いている間に溜まった唾液を吐き出すだけで構いません。

最後が少しいつもの歯磨きとは違いますね。

しかし洗い流さなくてもよい成分でできているのでとっても体に優しいことが分かります。

このブリアンを習慣にすることで、自然と口内フローラが整い虫歯もなくなり口内トラブルも減ります。

そして手軽に歯磨きができるので、災害への備えとしても常備したい商品です。
大人用ブリアンの口コミと虫歯菌除去と他には何にいいの?

歯の健康と口内トラブルを改善する新しい歯磨き粉の「大人用ブリアン」をぜひ試してみてくださいね。

公式サイト↓

Hs