虫歯になりにくい食べ物には何がある?

人間も動物も、長生きするために欠かせないのが健康な歯です。

実際に100歳以上生きているお年寄りの歯を見てみると、総入れ歯ではなく自分自身の歯を保っている方が多い傾向があると言われています。

健康な歯を保つためには、虫歯にならない努力が必要ですよね。

子供の頃から虫歯になりやすいチョコレートや飴、ガムなどを頻繁に食べていると歳をとったときに健康な歯を保つのは難しいと思われますが、逆に虫歯になりにくい食べ物には何があるのでしょうか。

虫歯になりにくいといわれている代表的な食品は、

野菜や果物
ナッツ類
チーズなどの乳製品

このようなものが挙げられます。

また、お子さんのおやつにケーキやチョコレートを出すのであれば、プリンやゼリーなどの方が虫歯になりにくいという統計があります。

しかし、虫歯になりにくい食べ物よりも虫歯になりやすい食べ物の方がなぜか私たちにとって魅力的な食品が多いとは思いませんか?

そこで、虫歯になりやすい食べ物を日常的に摂取してしまっても、子供のうちからしっかりと虫歯を予防できると人気を集めているのが、「ブリアン」です。

ブリアンは、新聞にも紹介されたことがある虫歯菌予防の歯磨き粉となっており、虫歯にならない世界のトップ2%の子供たちだけが持っている「BLIS M18」が配合されています。

BLIS M18は虫歯菌除去成分となっており、しっかりと虫歯菌を追い出して虫歯を作ることを防ぎます。

あなたのお子さんの健やかな歯の健康に、ぜひブリアンを取り入れてみてください。