虫歯ができない体質になる方法

毎日しっかり歯磨きしているのに、なぜかできてしまう虫歯。

虫歯の痛みは強烈で、痛み止めを飲んでも効かないときもあるくらいです。

そんな絶対なりたくない虫歯ですが、なりやすい人と、なりにくい人がいるのはなぜなのでしょう。

それでは虫歯ができない体質になる方法をご紹介します!

《虫歯になる原因となりやすい原因は?》

あの痛くてつらい虫歯の原因は、大きく2つ。

『細菌による感染症』と『生活習慣によるもの』です。

それでは虫歯になる原因をご紹介します。

・細菌による感染症

1)ミュータンス菌の量

虫歯は原因であるミュータンス菌。

虫歯はこのミュータンス菌により引き起こされます。

ミュータンス菌が口内にどれだけいるかで、できやすさが変わります。
ミュータンス菌は赤ちゃんの口には存在しません。

多くは親など他者から感染します。

ミュータンス菌の数は、歯医者などの「カリエスリスク検査」という検査でわかります。

・生活習慣によるもの

1)口呼吸

虫歯が一番できやすいのは、唾液が大幅に減少する睡眠中です。

唾液には口の自浄作用があるので、細菌の繁殖をふせいでくれる役割があり、虫歯を予防するためには必要不可欠です。

口呼吸が多い人は、それだけ口の中が渇き唾液が減少しやすいので、虫歯になりやすいです。

2)糖分の取りすぎ

虫歯の原因菌であるミュータンス菌の栄養源は砂糖です。

糖分をとりすぎると虫歯になりやすくなります。

特に飴などの口の中に長く残るタイプの糖質は要注意です。

3)不規則な食生活

ほとんどの食事の中には、ミュータンス菌の栄養分となる砂糖が入っています。

ミュータンス菌は砂糖を栄養にし約3分で活動し始めます。

ミュータンス菌が活動し始めるとまず、口内を酸性に傾ける「脱灰(だっかい)」が始まり歯を溶かしていきます。

普通食後しばらくすると唾液により口内が中性にもどり、虫歯ができにくい口内環境になります。

この修復システムを「再石灰化」といいます。

不規則に1日に何度も食事するとこの「再石灰化」が追いつかなくなってしまい虫歯ができやすくなります。

4)カフェインのとりすぎ

コーヒーなどに含まれるカフェインには利尿作用があるため、一時的に唾液の分泌が抑えられてしまいます。

すると、口内が渇いてミュータンス菌が繁殖しやすくなるため、虫歯ができやすくなります。

習慣的にコーヒーを飲んでいる人は、水でしっかり水分補給するようにしましょう。

また歯並びや歯の形状により歯が磨きにくいというのも原因になります。

以上のことが虫歯の原因となり、虫歯になりやすい体質になります。

《虫歯ができない体質になる方法》

虫歯ができない体質になるには、虫歯の原因となることを改善していくことです。

虫歯になりやすい人は、

1)規則正しい食事

2)糖質を控える

3)水分をたくさんとり口の乾燥を防ぐ

4)フロスを使い念入りに歯の掃除をする。

ミュータンス菌を増やさないように努力しましょう!

◆いろいろ注意しても、虫歯になりやすいと悩むときは、虫歯菌除去歯磨きのブリアン(BRIAN)を使うといいです。

虫歯にならないBLIS M18成分が含まれているので虫歯予防効果が高いからです。

2歳くらいからお年寄りまで使える虫歯菌を除去する歯磨き!と口コミ評価も高いのがブリアン(BRIAN)です。

u