虫歯はブリアンで磨くと予防できるって本当?

しっかり磨いているつもりなのにできてしまう痛い虫歯。

特に子どもは、歯が小さいので磨きにくいですし、歯が弱いためすぐ虫歯になってしまいます。

そんな虫歯ができやすい子どもにおすすめの『ブリアン」ってご存知ですか?

「ブリアン」は子ども向けの虫歯予防はみがきです。

そんな「ブリアン」ですが本当に虫歯予防効果があるのでしょうか。

《虫歯の原因とは?》

虫歯になる要因は様々で、生活習慣が虫歯の原因になることもあります。

そんな虫歯の原因に共通しているのは、「ミュータンス菌」です。

「ミュータンス菌」は虫歯の原因菌で、「ミュータンス菌」が増えることで虫歯になってしまいます。

この「ミュータンス菌」は、こんな生活習慣により、すぐに増えてしまいます。

1)口呼吸をしている

唾液が少なくなると虫歯の原因菌「ミュータンス菌」が増えてしまいます。

口呼吸していると、唾液が減少することにより、虫歯の原因菌「ミュータンス菌」が増殖します。

2)砂糖の多い食生活

お菓子やジュース、飴などに多く含まれる砂糖は、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の栄養源です。

3)頻繁な飲食

ミュータンス菌が活動し始めるとはじめに、口内を酸性に傾けて「脱灰(だっかい)」が始まり歯を溶かしていきます。

食後しばらくすると唾液により口内が中性にもどり(再石灰化)、虫歯ができにくい口内環境になりますが、頻繁な飲食によりこれがうまく行われなくなり虫歯がで

4)カフェインのとりすぎ

お子様は心配ないと思いますがコーヒーなどに含まれるカフェインには利尿作用があるため、一時的に唾液の分泌が減少します。

それにより、ミュータンス菌が繁殖し、虫歯ができやすくなります。

これらの生活習慣を改善し、歯磨きにフロスを取り入れたりしてケアを念入りにすることで、ミュータンス菌を増えにくくすることは可能ですが、それだけではまだ虫歯になる可能性は低いとは言えません。

そこで注目されているのは「ブリアン」という子ども向けの歯磨き粉です。

この「ブリアン」で本当に虫歯予防できるのでしょうか。

《「ブリアン」の虫歯予防効果は??》

「ブリアン」は虫歯予防成分配合!

「ブリアン」にはニュージーランドで虫歯になりづらい子どもたちを研究し発見した、虫歯予防成分「BLIS M18」を配合。

産まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌であるミュータンス菌はいませんが、大人などからうつってしまうことがあります。

「BLIS M18」はお口に虫歯菌が入ってしまったお子様でも、虫歯菌(ミュースタンス菌)を減らし虫歯を予防してくれる新成分です。

この虫歯予防成分「BLIS M18」を産まれながらに保有しているこどもは全体のたった2%の人しかいないと言われています。

ブリアンは「BLIS M18」を世界で初めて歯磨き粉として採用した商品です。

生活習慣の改善などを合わせてすることにより、より高い虫歯予防ができるのでおすすめです!

u