重曹で磨くと虫歯になりにくいのは本当?注意点は?

重曹を使って歯磨きすると虫歯になりにくくなるということをご存知ですか?

手軽に手に入る重曹。

頑固な汚れを落とすお掃除にもぴったりと話題になりましたが、本当に虫歯になりにくくなるのでしょうか。

また重曹を歯磨きにつかっても大丈夫なの?

《重曹とは?》

重曹とは天然の「炭酸水素ナトリウム」。

お菓子作りのベーキングパウダーとして使用したり、換気扇や排水口などの頑固な汚れのお掃除にも大活躍します。

《重曹を使うと虫歯になりにくい理由》

それでは重曹が使うとなぜ虫歯になりにくいと言われているのでしょう。

虫歯は、虫歯の原因菌である『ミュータンス菌』が糖質を栄養として増殖し酸を出して歯を溶かすことによってできてしまいます。

重曹は弱アルカリ性なので酸性になったお口の中を中性にする効果があるので虫歯予防になり口臭の予防にもなると言われています。

また歯が白くなる効果や歯の着色予防にもなると言われています。

それは重曹による研磨力によるものです。

重曹を歯磨きに使う場合、強い研磨力をはじめ、他にも注意点がたくさんあります。

《重曹使うときの注意点》

1)歯が傷つく

重曹には強い研磨力があるため、歯磨きに使うのもうがいするのもあまりおすすめできません。

重曹を使用すると歯の表面がツルツルします。

それは重曹による研磨力によるものです。

重曹による歯磨きを続けてしまうと歯のエナメル質や歯茎を傷つけてしまいます。

2)塩分が多い

重曹には炭酸水素ナトリウムなので塩分であるナトリウムが多く含まれています。

よって塩分の摂取制限のある方や小さいお子様には使用を避けましょう。

このように重曹は虫歯予防にはなりますが、虫歯予防に最適とは言えません。

そこでおすすめなのが『ブリアン』という歯磨き粉です!

《虫歯予防にはブリアンが最適!!》

虫歯予防にいいと話題の『ブリアン』ですが、子ども向けに作られているのでお子様から大人まで安心して使える歯磨き粉です。

『ブリアン』は500nm以下の非常に細かな粒子なので、しっかり 歯と歯の間の隙間など磨き残しのないようにしてくれるうえ、重曹のように歯や歯茎を傷つける心配もありません。

『安心の無添加』『安心の国内製造』なので安心して使用できます。

『ブリアン』には虫歯予防成分である『BLIS M18』という成分が含まれています。

この『BLIS M18』は虫歯になりにくい子どもたちを研究して発見した新成分。

虫歯の原因菌であるミュースタンス菌を減らし、虫歯を予防してくれて、世界で初めて『ブリアン』が歯磨き粉に採用しました!

虫歯菌の栄養となる歯垢も取り除いてくれます。

歯磨きに重曹だけはNG!!

『ブリアン』でしっかり虫歯予防しましょう。

u