甘いものを食べないのに虫歯になるのはなぜ?対策は?

虫歯の原因は『お砂糖』や『甘いお菓子』などの甘いものだと思っている人は多いはず!

でも…

これは間違いなんです!

砂糖たっぷりのお菓子をあまり食べないという人が虫歯になるということは、実は少なくありません。

ではなぜ虫歯になってしまうのでしょう…。

甘いものを食べていないのに虫歯になる原因と、対策法をご紹介します。

《虫歯になる原因は?》

虫歯は、虫歯菌である『ミュータンス菌』が酸で歯を溶かすことで、できてしまいます。

この『ミュータンス菌』は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいませんが、ほぼ誰の口の中にも存在しているため簡単に感染してしまい、糖分を栄養にし増殖します。

《糖分が含まれているのは甘いものだけじゃない!?》

糖分は甘いものにたくさん含まれているのは事実ですが、決して甘いものだけに含まれているわけではありません。

例えば

1)炭水化物

炭水化物は、日本人の主食である白米をはじめ、パン、麺類、かぼちゃ、イモ類に多く含まれています。

人間には必要な栄養素です。

2)果糖

果糖は、主に果物やハチミツなどに含まれていてジュースなどに使われていることが非常に多いです。

甘いものを食べないようにしていても、身近で日常的に食べたり飲んだりしているものには、虫歯の原因菌ミュータンス菌の栄養である糖分が含まれています。

もちろんだからと言って甘いものをたくさん食べていいというわけではなく、甘いものを食べ過ぎると虫歯になる確率がさらに高まってしまいます。

それでは虫歯にならないようにするにはどのように対策すればいいのでしょう、

《虫歯にならないための対策法は?》

1)よく噛んで食べる

2)甘いものは決められた時間に適量。

3)食べた後は歯磨き

4)寝る前には歯磨き

甘いものを食べていないのに虫歯になるとお悩みの方はもちろん、虫歯をしっかり予防したいなら歯磨き粉は話題の虫歯の原因菌ミュータンス菌を除去してくれる『ブリアン』がおすすめです。

《話題の歯磨き粉『ブリアン』とは?》

『ブリアン』は子ども向けに作られた優秀な歯磨き粉。

子どもにも安心してつかえるのはもちろん、大人の方にも使えます。

1)安心の無添加

2)安心の国内製造

3)世界初で通販限定

『ブリアン』には虫歯予防成分である『BLIS M18』という成分が含まれています。

この『BLIS M18』はニュージーランドで虫歯になりにくい子どもたちを研究して発見した、虫歯の原因菌であるミュースタンス菌を減らし、虫歯を予防してくれる新成分。

この新成分『BLIS M18』を採用したのは『ブリアン』が世界で初めて。

虫歯菌の栄養となり増殖させる原因になる歯垢も取り除いてくれます。

500nm以下の非常に細かな粒子なので、しっかり 歯と歯の間の隙間や奥歯の奥の方などの、磨き残しがちなところにまでしっかり届き虫歯を予防してくれます。

甘いものを食べていなくても虫歯になってしまうので『ブリアン』でしっかり虫歯予防しましょう!

u